読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bazaar 入れた

sql mac

詳解 MySQLを買ったので、早速この本の中で紹介されているBitKeeperなるソースコード管理ツールを入れようと思ったが、
現在は Bazaar という別のツールに移行している模様。なので早速こちらをインストールしてみる。

Bazaar インストール

1. MacOSXBundle - wiki.bazaar.canonical.com からダウンロード
2. インストーラをダブルクリックでインストール
3. 早速 bzrコマンドを…と思ったら「/usr/local/bin/」パスが通ってなかったので、パスを通す

$ vi ~/.bashrc
export PATH=/usr/local/bin/:/Users/sato_k/bin:/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH

MySQLソースコードをチェックアウト

1. ワーキングコピー(ブランチ)用のディレクトリ作成

$ mkdir bzr

2. shared repository(共用レポジトリ?)を作成
必須という訳ではないが、一度作っておくと各リビジョンのヒストリを一つのディレクトリで管理してくれるので、別ブランチを作成する際のダウンロード時間が短縮されるらしい。

$ cd bzr
$ bzr init-repo .
Shared repository with trees (format: pack-0.92)
Location:
  shared repository: .

3. ブランチの作成(CVSでいうチェックアウト)
MySQL Server in Launchpadの「Series and milestones」からチェックアウトしたいリリースを選択。
左下の「:lp:mysql-server」をクリック。
「Get this branch」という項目が選択したブランチ作成のためのコマンドとなっている。
それではブランチ作成。ちょっと時間が掛かるので、気長に待つ。

$ bzr branch lp:mysql-server
You have not informed bzr of your Launchpad ID, and you must do this to
write to Launchpad or access private data.  See "bzr help launchpad-login".
|   1864kB @   46kB/s