読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perl の対話型環境

Ruby だと対話型環境として irb があるけど、Perl ではシェル上で「perl -de 1」などとすれば Perlデバッガ が起動して対話型環境として使えるみたい。


ただ、Tab で補完ができなかったり、Emacsキーバインド(C-h、C-n など)が使えないようなのでそこが不満。どなたか Perlデバッガを強化する方法もしくはより良い対話型環境知りませんか?(できれば、irb+wirble 並の便利さで)

参考

プログラミングPerl〈VOLUME1〉(p.595 20章 Perlデバッガ):情報源

追記(2007年12月1日(土))

CPAN からモジュールをインストールする - 英語とプログラミング気まぐれ日記」で

cpan[1]> install Bundle::CPAN
cpan[2]> reload CPAN

としたら、cpan shel だけじゃなくて、Perlデバッガも履歴機能や補完機能が追加されていた。これで一件落着。