読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(X)HTMLの雛形を自動挿入したい

今まで、(X)HTML の雛形は html-helper-mode の機能を使って挿入していた(参考:2007-08-11 - 英語とプログラミング気まぐれ日記)。だけど、html-helper-mode の代わりに、psgmlモード を使うことにしたので、この機能が使えなくなってしまった。


いろいろ探し回ったら、html-helper-mode の機能を使わないで雛形を作る方法を見つけたのでメモしておく。

作業手順

  1. 挿入したい内容を書いたテンプレートファイルを適当なディレクトリに用意する(この例では /cygdrive/c/meadow/site-lisp/template/ )。
  2. 以下の内容を .emacs に追加する。以上。
;; Mode Check Template
; テンプレート(この例では default.html)の格納されたディレクトリのパスを指定する
(setq auto-insert-directory "/cygdrive/c/meadow/site-lisp/template/")
(auto-insert-mode t)
(setq auto-insert-query nil) ;; テンプレート挿入時に尋ねない

(setq auto-insert-alist
      (append
       '(
         ; sgml-mode の時は default.htmlを読み込む
         (sgml-mode . "default.html")
         ("\\.html$" . "default.html")
         ("\\.htm$" . "default.html")
         )
       auto-insert-alist))


拡張子とテンプレートファイルの組み合わせを変えてやれば、もちろん .html ファイル以外にも適用できる。