読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ri for (X)Emacsを使ってみる

Rubyist Magazine - Emacs 上の調べ物は langhelp で!」で「Ri for (X)Emacs」というEmacsMeadow)上でriが実行できるパッケージが紹介されていたので、ReFeの導入ついでにこちらも入れてみる。


1.まずはダウンロード
RubyForge: Ri for (X)Emacs: Project Info


2.適当なディレクトリで解凍、展開する

$ gunzip -dc ri-emacs-0.2.3.tar.gz | tar xf -
これでri-emacs.rbとri-ruby.elが作成される。


3.ri-emacs.rbとri-ruby.elをロードパスの通ったディレクトリに入れる
例えば、「/cygdrive/c/meadow/site-lisp/」など。


4..emacsにRi for (X)Emacsの設定を追加
ri-ruby.elを読むと、頭のほうにインストール方法が書いてあるので、それに従ってインストール。具体的には、以下の設定を.emacsに追加するだけ。(ri-emacs.rbとri-ruby.elのパス名は自分の環境で読み替える)

;;; ri-emacsを使う
(setq ri-ruby-script "/cygdrive/c/meadow/site-lisp/ri-emacs.rb")
(autoload 'ri "/cygdrive/c/meadow/site-lisp/ri-ruby.el" nil t)
(add-hook 'ruby-mode-hook (lambda ()
                              (local-set-key 'f1 'ri)
                              (local-set-key "\M-\C-i" 'ri-ruby-complete-symbol)
                              (local-set-key 'f4 'ri-ruby-show-args)
                              ))

setqとautoloadのパス名はフルパスで指定しなければいけないみたいなので注意。


5.実行
Meadow上で

M-x ri

とすれば実行できる。


うん、これは便利。

TODO

Rubyist Magazine - Emacs 上の調べ物は langhelp で!で紹介されているツールを試す。